メインイメージ画像

旅行で温泉に行くときの注意点やおすすめについて

旅行に計画はつきものですが、旅行で温泉に行く際は、あまり細かく予定を決めない方が良いでしょう。温泉地では観光客を集める為に色々な観光名所をPRしています。観光地をくまなく巡りたいところですが、折角温泉旅行に来たのだから、のんびりと温泉を堪能することに集中しましょう。温泉旅館やホテルの場合、チェックインの時間はだいたい午後2時から3時です。多くのホテルでの夕食は夕方18時30分頃からと一般家庭よりも早くなっていますので、早めにチェックインしてひと風呂浴びてしまいましょう。

露天風呂や色々なタイプの風呂が揃えられているタイプの温泉ホテルでは、明るいうちに露天風呂に入っておくのがポイントです。露天風呂は一番景色の良い場所に設置されているので、周囲の景色を楽しむ場合は明るいうちがベストなのです。夕食後に暗くなってからは室内風呂を楽しみ、または夜の露天風呂で静けさや空気の冷たさを感じるのがコツです。

温泉ホテルのとき、部屋への食べ物や飲み物の持ち込みがOKの場合が殆どです。買い出しはチェックインまでに済ませておきましょう。

温泉ホテルは山奥にあり、中には近所にコンビニがないホテルもあります。コンビニエンスストアがあっても品薄ということもありますので、夜に必要なものは先に購入しておくといいでしょう。翌朝ホテルを出たらお勧めは周辺地域の観光施設などを訪問することですが、ホテルで各観光地の割引チケットが貰えることもあります。

カウンターに言うと手に入ったりもします。場合によっては配車してくれるところもあります。

行ってみたいところがあったらカウンターでも相談に乗ってくれます。チェックアウトの時には明細書をすみずみまで確認しましょう。食事はバイキング形式だったとか、ルームサービスを利用した場合にはルームナンバーにより全て管理され明細書に記入されるシステムになっています。けれども頼んでもいないサービスの料金が記載されていることもよくあるので、旅先だからと気を緩めずにしっかりとチェックすることが大切です。